2011年05月02日

キャッチコピー・入門 ♪

インターネットで情報発信は当たり前の世の中ですよね。

このブログを読んでいらっしやるあなたも、なんらかの形で
自分のビジネスのCMを ネット発信されていると思います。

     

そこには 「文章」 が必ず存在し、その文章の 「印象」 で
その記事が 読まれたり、スッとばされたりするわけです。



2011.05.02 mon 06:59
From : makino



    ◆お客の心を キャッチする 言葉とは?

あなたが、ブログやHP、広告やチラシなどを作るときに
ぶつかる頭を悩ませる「出だしの部分」、、、

そう、【キャッチコピー】 というモノについて、今日は勉強
してみませんか?

では、まず質問です!!

「キャッチコピーの目的とは何だと思いますか?」

 ●売っている商品をアピールすること?
 ●自分の商品 (サービス) のメリットを伝えること?

・・・・・・・・・・・・・・・

いいえ、違います。

キャッチコピーの目的とは、、、

「注意をひき、次の文章を読ませること」

 

です。



    ◆例外もあります

もちろんですが、キャッチコピーで、あなたの商品の
ベネフィットを、どーんとアピールして「売り込み」に
はいっても、それはそけれでいいのですが、、、

実は、それ以上に重要なのは、、、

読み手の注意を引くことなのです
 (本の場合や、チラシ、広告だったら、手にとってもらうこと)

ここでは、このように↑↑覚えてください。

例外的に、ベネフィットをアピールして効果が出るときも
ありますが、それは、それをすることそのものが、注意を
引くことにつながる場合のみ
だと考えた方がいいです。

わかりにくいですね・・・

じゃあ例として、、、

その「売り込み」が、待ち焦がれられているような場合が
それに当たります。

例えば、冬前だったら、、、
「新型インフルエンザの予防接種受付開始!」 とか
このように、商品の販売が待ち望まれてるような場合です。

   
こういう場合は、ベネフィット中心のキャッチコピーでも
効果が出ます。


ベネフィットとは・・・
利益になること、有利にはたらくこと、ためになること、助けになることを
指します。今回の場合、お客様のベネフィットを全て指して言っています



    ◆一般的にはこちらです

でもそうでない場合は、キャッチコピーで「売る」ことではなく、
どうやって注意を引くか、、、を一番に考えないといけません。

例えば、ある本の2つのキャッチコピー、

 「東大・京大で一番読まれた本」

 「もっと若い時に読んでいれば、、、
          そう思わずにはいられませんでした」


というのを見てもわかるように、本を読んで得られる具体的な
ベネフィットは何も書いてません。

なぜなら、この本の帯や、書店のPOPのコピーの目的は
この本を手にとってもらえるよう、注意を引くことだからです



    ◆私たちをとりまく現状

私たちも、私たちの見込み客も、日々大量の売込みメッセージに
さらされています。

本屋の場合だけでも考えてみてください。

何万冊もの本が、買ってもらおうと、手に取ってもらおうと、必死に
メッセージを投げかけてきます (本のタイトルとか帯とか、、、)。

  

インターネット上の広告やセールスレターも同様です。

「情報過多」、「広告過多」の状態です。

そんな中で、ダイレクトに、「売り込み」をしてくるような
キャッチコピーが、果たしてどれくらい効果的に働いて
くれるでしょうか?

・・・あまり期待はできなさそうですね。

では、、、

いったい、どんなキャッチコピーが効果的なのでしょう?



    ◆では、以下ををご覧ください

では、効果的なキャッチコピーにはどんなものがあるのか
私の持っている秘密のファイルから、いくつかを提供しますね。


1.とにかく気になるようにする

 例:「あなたのお子さんに、ケンカのチャンスをあげましょう」

      

  私自身、このヘッドラインを見たとき、続きが読みたくなりました。

  「ケンカのチャンス?何だそれ??、普通いらないものだけど、、、」
  という興味です。

  なぜか気になります。

  「お子さん」というところで、ターゲット(読み手)の特定もできてますね。
  何の広告かはサッパリわかりませんが、とにかく注意はひけています。


2.広告の本文に、強制的に読み手を流し込む

 例:「パソコンを買うのに困ってるなら、これが助けになるでしょう」

  「これが」という部分が、広告本文に役立つ情報があるということを
  暗示させ、続きを読ませるモチベーションを高めています。

  この後、どんな内容に繋がるでしょう? パソコン教室?電機屋?本?


3.質 問

 例:「あなたは知らないうちに
          自分の会社の売上を半分にしていませんか?」


   「あなたは、あなた一人しか家にいない場合でも
                   トイレのドアを閉めますか?」

 
         

  このような、読み手の個人的な興味や関心を元にした質問形式の
  ヘッドライン (キャッチコピーの部分) は、うまくいくパターンが多いです。


4.お客さまの声

 例:「もっと若い時に読んでいれば、、、
            そう思わずにはいられませんでした」


  実際、これは書店の店員がつけたコピーなので、お客の声とは
  言えないのかもしれませんが、つまり第三者的な立場から
  ベネフィットを暗示するパターンです。

  ちなみにこれは、「こうしておけばよかった・・・」という、誰もが持っ
  てる「後悔」の感情を刺激しています。


5.信頼性の高いキーワードを入れる

 例:「医者が選ぶ名医」「東大・京大で一番読まれた本」

  広告で「売る」ためには、「信頼」してもらう必要があります。
  「医者」「東大・京大」というキーワードは、きわめて信頼性が
  高いです。


などなど。


もし、あなたの広告やセールスレターなどのキャッチコピーが
「ベネフィット」中心のものなら、今日の記事をヒントに、いろいろ
と変えて試してみてください。

特にそれが、「外部媒体に広告を出して売る」ような商品 (サービス)
なら成約率がアップする可能性が高いです。

簡単なキャッチコピーの変更だけで、大ヒット商品につながるかも...


では・・・


PS
【 家 ガールズ】で、今後、このようなビジネスの勉強会が
開催できると嬉しいですね!!

まずは、読者登録からお願いします!!


同じカテゴリー(家ガールズ)の記事画像
ブスの25ヶ条 by 宝塚
いしかわの女子来てきて♪
同じカテゴリー(家ガールズ)の記事
 ブスの25ヶ条 by 宝塚 (2011-05-01 08:40)
 いしかわの女子来てきて♪ (2011-04-30 18:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。